通信講座などの教材を使わなくてもできる幼児教育




幼児教育を行うには、公文式や七田式のような幼児教室に通ったり、通信教育の教材を使ったりする以外にも、家庭にあるものを工夫して行うことができます。

 

むしろ、教材などを使わないことで親子でのコミュニケーションにもなります。

 

親子でコミュニケーションを取りながら教育することは、子どもの成長はもちろん、親にとっても様々な気付きや発見が得られる効果もあります。

 

首相官邸のサイト内には「国の政策」というカテゴリに子育てに関するページがあり、その中には家庭での教育力の向上という専用のページが用意されています。

首相官邸 国の政策 家庭の教育力向上

 

これは、子どもの学力向上という意味ではなく、親による家庭内での子育て力を高めましょうという目的です。

 

国が、それを推奨しているのです。

 

では、具体的に、教材を使わなくてもできる幼児教育とはどんなものがあるでしょうか?

 

みていきましょう。

 

公文式と七田式 子どもが通うのはどっちがいい?

2018.04.10

 

指先を使う幼児教育

 

家庭で試すことができる幼児教育はいろいろありますが、小学校入学前の幼少期は、計算ドリルなどのお勉強だけではなく、五感をフルに使うような体験がおすすめです。

 

例えば指先を使うような遊びが効果的とされています。

 

筆圧の弱い、強いとは? 子どもの筆圧には注意が必要

2018.08.04

バイオリンを習うと天才になる? 天才脳と早期教育の真実(2) 

2018.06.21

モンテッソーリを家庭で実践 0歳からできること

2018.01.19

 

おりがみ

 

指先を使う遊びといえば、日本人が得意とする折り紙がなどがありますね。

 

折り紙は繊細な指の動きが必要な作業であり、指先を使うことによって脳にも良い刺激を与えることができます。

 

指先と紙に神経を集中して取り組む必要がありますので、集中する力を養う為にも良いと言えるでしょう。

 

紙さえあればどこでも行うことができますので、外出するときにも折り紙を持ち歩くようにしてみるのも良いかもしれません。

 

信州大学教育学部の研究で、長野市立若槻小学校(当時)の長谷川和恵氏と、理数科学教育講座の和田稔氏が、

折り紙は教育教材として価値を持つ

と述べています。

 

戦前までは教育的な価値が低いと判断されていましたが、近年では単に手先を動かすだけではなく、折り紙を行うには様々な力が必要なことがわかってきたため、幼少期の児童向け教育として効果がある

参考:「教材としての折り紙のもつ教育的価値について」信州大学教育学部紀要

と書かれています。

 

また、ギフテッドの矢野祥くん小百合さんきょうだいも、家庭教育として折り紙をしていたそうです。

 

この論文と同じように、お母さんの慶恵さんは、形通りにやることが良くないと考えていたそうですが、それ以上のメリットがあることを知り、積極的に活用するようにしたそうです。

「僕、9歳の大学生」 ギフテッドの親が家庭で大切にしていること

2015.10.25


 

お箸を使った豆の移動

 

他に、指先を使った遊びと言えば、お箸を使って豆などの小さなものを挟んで移動させる遊びも有効です。

 

この作業も折り紙同様に、指先の感覚が必要であり脳を刺激することができます。

 

また、これは正しい箸の持ち方ではないと難しい作業なので、お箸の持ち方をマスターする為にも良いかもしれませんね。

 

この遊びは、多くの東大生が子どもの頃に家庭でやってものとして聞いたことがあります。

 

言葉を使った幼児教育

 

幼児の脳を鍛える為に、記憶力や言語力を高めるような遊びも取り入れる事をお勧めします。

 

道具を何も使わずにできる教育方法としておすすめです。

 

言葉の逆さ遊び

 

例えば、親が言った言葉を逆さまにして返してもらう遊びがあります。

 

「りんご」と言ったら「ごんり」という具合に、親の言葉を逆さまにしてやりとりをすることで記憶力と語彙力の両面を高めることができます。

 

最初は2、3文字の短い単語からスタートして、徐々に文字数を多くすることで段階を踏んで鍛えることができますし、また単語ではなく数字にしてみることによってまた違った刺激を与えられるようにもなります。

 

絵本の読み聞かせ

 

子育てをする際の昔からの定番と言えば絵本の読み聞かせですが、これも立派な幼児教育のひとつです。

 

子どもは親に絵本を読んでもらうことによって頭の中で様々な想像しながら物語を辿っていきますので、その過程でイメージ力を鍛えることができます。

 

語彙力も付きますし、絵本に興味を持つようになれば、字が読めるようになってから自分で本を読むようになり、読書が好きなお子さんに育つことにもなります。

 

たくさんの本を読み聞かせてあげることで世界が広がりますし、世界観を広げてあげることで想像力の豊かな子どもへと成長させることができます。

 

絵本読み聞かせのポイント

 

読み聞かせをする際には読み手である大人も、子どもの目線になって読むようにすることも大切です。

 

大人と違って子どもはゆっくりと理解していきますので、物語を頭の中でイメージできるように一文字一文字を丁寧に読んであげる事が重要です。

 

そして時には声色を変えてみるなどしてアクセントを付けることで登場人物の関係性を理解したり、また感情を理解する力も身に付けさせることができます。

 



 

まとめ

 

通信講座などの教材を使わなくてもできる幼児教育

いかがでしたか?

 

まとめ
  • 「おりがみ」など、指先を使って五感を活性させ、集中力も養う。
  • 言葉を使っての遊びは、語彙力や記憶力を鍛える。

 

ここであげた、特別な教材がいらない家庭での幼児教育方法はほんの一部ですが、何より大事なことは、親から直接教わったという経験です。

 

そういった体験は、子どもにとって一生の財産になります。

 

子どもとの関わりを持つ時間を大切にしたいですね。

 

>>ホームスクーリング教材紹介ページはこちら

 

<PR>子どもの英語教育におすすめの動画や無料で視聴する方法を紹介!

動画DE子ども英語

元児童英会話教室の講師で、ハーフの子どもをバイリンガルに育てる母が紹介する「英語教育におすすめの映画・アニメ」とは?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA