家庭でできる6歳からの英語教育プランを本気で考えてみた




子どもに英語を話せるようになってほしいと思ったら、いろいろな方法がありますね。

 

最もメジャーな方法は、英会話教室に通うことかもしれません。

 

しかし、英語は言葉。

言葉というものは起きている間ずっと使うものです。

 

普段、日本で生活しているわたしたちは、1日およそ16時間日本語を見聞きし、話しています。

 

1週間に1回、1時間程度英会話教室に通っただけでは、英語を使えるようにはなりません。

 

子ども自身が英語が大好きで、受け身ではなく自らすすんで学習する場合を除いて、ほとんどの場合が水の泡と化します。

 

では、子どもが英語を言葉(=コミュニケーションツール)として使えるようになるにはどうすればいいのでしょうか。

 

今日は、6歳からの英語教育プランを本気で考えてみました。

 

子どもの早期英語教育による弊害・デメリットとは

2018.05.18

子どもの英語 いつからはじめる? 早期教育は必要なの?

2018.05.17

 

英語を言葉として使えるようになるためのステップ

 

英語は言葉です。

 

日本人として日本に生まれ、日本で暮らすなら、日本語でコミュニケーションが取れれば十分です。

 

それでも英語を使えるようになってほしいなら、英語は言葉であるということを親が心から理解しなければなりません。

 

英語が話せたら万能というわけではないし、成功でもなければ、苦労しないということにもなりません。

同じように、英語は教科(科目)でも習い事でも勉強でもありません。

 

では、それを理解したところでどのように英語(言葉)を使えるようになるかというと、英語には次のステップが重要と言われています。

 

英語を言葉として使えるようになるためのステップ
  1. 聞く(リスニング)
  2. 話す(スピーキング)
  3. 読む(リーディング)
  4. 書く(ライティング)
日本人が英語を苦手とするのは、日本語と英語があまりにも違いすぎる点以外にも、学校で習う英語が(1)(2)を飛ばして(4)(3)の順で学びはじめることも理由だと考えられます。

 

しかし、学校で英語を教科として教える場合、ひたすら(1)のリスニングだけをやるわけにもいきませんから、(4)からはじめることも理解できます。

 

6歳の子どもは、母国語については完全に言葉を発するようになっていますから、これまで徹底的に鍛えてきた(1)のリスニングはこのままキープしながら、今度は(2)のスピーキングをメインに伸ばしていけたらいいということになります。

 

では、そのための具体的な方法をみていきましょう。

 



 

家庭でできる6歳からの英語教育プラン

 

▼0歳〜6歳までの英語教育プランはこちら

家庭でできる0歳からの英語教育プランを本気で考えてみた

2018.09.28

家庭でできる2歳からの英語教育プランを本気で考えてみた

2018.09.30

家庭でできる4歳からの英語教育プランを本気で考えてみた

2018.10.03

 

これまで0〜4歳まで英語に触れてきた子は、すでに日本語と同じように英語を話しているかもしれませんが、この時期からのスタートとなると、英語をコミュニケーションのツールとして自然に理解させていくことは難しくなります。

 

英語を話せるようになるためには3歳までが重要という話はよく聞きますが、6歳から英語教育を実践するには、どんな方法があるのでしょうか。

 

4歳からの英語教育プランを一部継続する

 

6歳以降の英語教育については、4歳からの英語教育プランを一部継続します。

 

4歳からの英語教育プランは、この6つでした。

 

  1. 英語の音楽を聴かせる(0歳〜継続)
  2. 英語の絵本を読み聞かせる(0歳〜継続)
  3. 英語の動画を見せる(2歳〜継続)
  4. オンライン英会話教室のレッスンを受ける(2歳〜継続)
  5. ネイティブ講師のグループレッスンに通う(4歳〜)

 

家庭でできる4歳からの英語教育プランを本気で考えてみた

2018.10.03

 

0歳から英語教育を実践してきた家庭ではすべてを引き続き継続した方がいいですが、(1)の「英語の音楽を聴く」や、(2)の「英語の絵本を読み聞かせる」は、6歳になって突然始めても戸惑うかもしれません。

 

それでも、英語のリスニング力を鍛えるためには必要なので、様子を見ながらできるようならやったほうがいいでしょう。

 

また(3)の動画についても、一度日本語吹き替えでみてしまった作品については、突然英語で見せられても嫌がる可能性が高いです。

ですから、新しい作品やまだ見たことがない作品を選ぶなど、少し工夫が必要になります。

 

>>動画DE子ども英語[子どもの英語教育におすすめの動画を紹介]

>>英語教育に動画をおすすめする理由

>>就学前の時期におすすめの動画ベスト5

 

2歳からオンラインレッスンを受けている子は、レッスンの日にちを増やしてみてもいいかもしれませんね。

>>子どもオンライン英会話教室とは? 無料体験を受けてみよう

 

6歳からはこれまでの方法にプラスして、さらに英語に触れる方法があるので、それを紹介していきますね。

 

子どもが自分で英語を読む機会を作る

 

2歳からオンライン英会話教室でネイティブの先生と英語で話し、グループレッスンにも参加しているなら、スピーキング力も十分身についていると思いますので、次のステップとしてリーディング力をつけていきましょう。

 

アルファベット表を部屋に貼っておき、声に出して読んだり、アルファベットカードを使って動物やくだものの名前など簡単なモノから読んでいけるといいと思います。

 

また、これまでやってきた絵本の読み聞かせを親子で一緒に読んでみるというのもいいかもしれません。

 

6歳から英語をはじめる子は、まだリスニングやスピーキングもままならないかもしれませんが、同時にリーディング力も育てて生きましょう。

 



 

まとめ

 

家庭でできる6歳からの英語教育プランを本気で考えてみた

いかがでしたか?

 

6歳からの英語教育プラン
  1. 英語の音楽を聴かせる(0歳〜継続)
  2. 英語の絵本を読み聞かせる(0歳〜継続)
  3. 英語の動画を見せる(2歳〜継続)
  4. オンライン英会話教室のレッスンを受ける(2歳〜継続)
  5. ネイティブ講師のグループレッスンに通う(4歳〜継続)
  6. アルファベットや簡単な単語を読めるようにする

年齢が上がるごとに、少しずつやることも増えてきます。

 

これまでに何回か「英語は言葉です」と言ってきましたが、この年齢になってついに、『書く』という学習要素が加わります。

 

そして、6歳から英語を始める場合「言葉として」ではなく、「学習」「習い事」ということになってしまうので、子どもが英語を好きか、興味を持つかどうかが大きく左右します。

 

しかし、たとえこの時期に興味を持たなくても、学校で習い始めた途端に英語が好きな科目になったり、別のところから興味を持つ可能性もあります。

 

>>ホームスクーリング教材紹介ページはこちら

 

<PR>子どもの英語教育におすすめの動画や無料で視聴する方法を紹介!

動画DE子ども英語

元児童英会話教室の講師で、ハーフの子どもをバイリンガルに育てる母が紹介する「英語教育におすすめの映画・アニメ」とは?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA